Neteokite

Calculationモンテカルロ法の計算について

実際に手動でする場合は、紙とペンが多量に必要になります。
まずは、紙に【1 2 3】と書きます。賭けるのは、両端の1+3=4、の4単位を賭けます。
もし、負けたら【1 2 3 4】と書いて、賭けるのは、両端の1+4=5、の5単位を賭けます。
続いて、負けたら【1 2 3 4 5】と書いて、賭けるのは、両端の1+5=6、の6単位を賭けます。
このようにして、負ける度に数字を増やしていき、両端ずつ足して単位を出していきます。
では、勝った場合はどうするのかというと、3倍配当のゲームであれば、【1 2 3 4 5】
両端の数字2つを消します。なので、3だけが残ります。
このように、数字が1つだけになったとき、もしくは数字がなくなった場合は、また最初から繰り返します。
これが、モンテカルロ法の計算になります。

Demeritモンテカルロ法のデメリットについて

【1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11……35】など数がどんどん長くなった場合、さらに、間に勝ち負けが入り、計算がより複雑になってしまいます。しかも、途中の計算を間違える可能性もあります。
そうなった場合、もはや、紙とペンで書き続けるのは難しいでしょう。
その大変すぎる計算、時間をかけて書き続ける煩わしさ、その面倒と手間を一気に解消してくれる画期的なサービスが、この自動ツールです。

Good pointsモンテカルロ法自動ツールの良点

全自動ツールなので、初期設定してしまえば、OK!
パソコンの操作が苦手という人もラクに設定できます。
またマーチンゲール法など他の投資法よりリスクが小さいうえに、ベット単位を設定するだけなので、ココモ法に比べて細かい設定がなく、マーチンゲール法のように、自分で試行錯誤するという必要がなく、モンテカルロという法則について詳しくなくても、自分で考えなくても、賭け型通りにすればいいのでとても簡単です。
きちんと資金管理と利益確定をこまめにしていけば、ココモ法やマーチンゲールより長いロングベットを組むことが可能であり、自動ツールの良いところです。
この自動ツールを使うことで、あなたは面倒な手書きの計算をして時間を費やす必要もなく、画面を見ながらハラハラすることもなく、一生懸命に、色々試行錯誤することもなく、様々なストレスから解放されます。
損切さえ決めておけば、自動ツールが、あなたに代わって賭け続けてくれるのです。